リノベーション

リノベーションは居心地のデザイン

最近、リノベーションという言葉が一般的になってきました。
調べてみると、工事後の建物の付加価値がアップする工事ということになっています。
リフォームとは新築時の状態に戻す工事ということなので、壁を抜いたり、プランの変更をしたりと大規模な工事になってくるリノベーションとは工事の規模が全く違います。
ただ、不動産広告などを見ると内装の工事をしただけでもリノベーションという表現を使っていたりします。いいか悪いかは別として、そのほうが入居につながりやすいのでしょう。

私が考えるリノベーションとは、住空間の性能アップ→居心地をデザインすることです。
打ち合わせには時間をかけます。できればいっしょに食事をしたりしながら依頼者さまの生活スタイル、パターンなどを把握し、プランを作成します。
そのプランをたたき台にしてご希望にそいつつも無理のない住空間の構築をめざします。キッチンだけの入れ替えや壁を抜いて広くすればいいというような場合は当事務所に依頼されないほうがいいでしょう。設備屋さんや大工さんに直接たのんだほうが安くできると思います。
そこに帰ってくるのが至福と思えるような住空間をいっしょに考えていきたいのです。

生活スタイルによって住空間を最適化するリノベーション

住み慣れた住宅やマンションは、年月がたてば老朽化します。そしてそこに住まう家族の生活スタイルも変わってきます。子供のための個室の多いプランでの生活が、結婚や独立により無駄な空間が増えてしまう…そのような話からのお問い合わせをいただくことも多いです。
そんなとき、リフォームでなく、プランの変更によって生活のスタイル自体を変えるリノベーションという考えに至るのはごく普通の流れなのです。
新たな住まいに引っ越すことなども考えられますが、生活スタイルは変わっても、生活のテリトリー=ご近所からははなれたくないというお気持ちもあるでしょう。
今、住んでいるその地域でより心地よい生活、そのお手伝いができればと考えます。
逆の場合も考えられるでしょう。

住みたい街や場所に、住みたい住宅やマンションがない。そのような時も、既存の住空間に大きく手をいれることによって、希望に沿った心地よい住居を構築することができるのもリノベーションの大きな魅力のひとつです。

デメリットも含めて検討する

ただ、いいことだけではありません。以下は、リノベーションを行うにあたってのデメリットです。
・建物が古い場合などは、その耐久性に不安が残る。
・設備配管などのチェックはしっかりとしなくてはなりません。
・全てを新しく創るわけではないので、制約の中でのデザインになる。
・打ち合わせ、解体、本工事と完成までに案外と時間がかかる。
・ それなりに費用がかかる。

このようなことを踏まえ、ご相談にのれればと考えます。
どんなちいさなことでも構いません、お問い合わせください。


ダイニングキッチンのリノベーション

以前、デザインから工事までさせていただきましたダイニングキッチン(以下DK)のリノベーションをご紹介します。
DKのみのリノベーションながら、当事務所の考え方がよくわかると思います。

私はダイニングスペースをとても大切に考えます。それは「私がたいせつにおもうこと」に書いてありますのでここでは端折りますが、ここさえ上手に創ることができれば、住空間として「心地いい」に随分と近づきます。

工事前はDKという壁で仕切られた空間にすべてのものが配置されていました。冷蔵庫、食器棚、食品棚、電子レンジ、ダイニングセット、及びそしてキッチンセットです。
最初のご依頼はキッチンと洗面台の入れ替え、ふすまの張替えでした。
古くなったキッチンを入れ替えてリフレッシュしたいという50代のご夫婦です。


居心地を考えた提案を

この空間にDKでゆとりのある空間は無理があります。ご相違談はなかったのですが、こちらからご提案させていただきました。
玄関につながる廊下部分をDKの空間として利用するために壁を抜きませんか・・・と。
打ち合わせを重ね仕上がった新しいDKです。

キッチンの配置の変更も考えたのですが、配管の都合上、同じ位置への配置が決まりました。奥様のリビングから見えないキッチンというご要望から、収納と一体化した壁を設置。安易にビニールクロス張の仕上げをせず、杉の間伐材で作った集成材を使用し空間を支える大きな柱というイメージを与えました。その壁にピッタリと4人掛けのダイニングセットが配置されます。

完成後は夫婦でゆっくりとよい家具を探したいとのことで、寸法の抑え所をお教えして、この現場は完了しました。

居心地を考えた提案を

壁裏のキッチンは実は紫色を選択。全部が紫色だと重いので、吊戸棚と壁裏の収納は白色を選びました。
使い勝手のよいキッチンと広く使えるようになったダイニングスペースにオーナーさまはとても満足してくださいました。

ただキッチンを交換するだけでなく、一枚の壁の配置を変えることにより、廊下部分をダイニングスペースに組込みました。4人がゆったりと食事&談笑できる空間=居心地の良いDKを構築することが出来たと確信します。


リノベーションプラン

  • 既存プラン
    既存プラン
  • リノベーションプラン
    リノべプラン

※クリックで設計図が拡大します

家族のコミュニケーションが空気のように存在する空間

リノベーションという手段を用い、住む人の気持ちを住空間に寄り添うようにデザインする。そこには心地良さが充満し、無理のない家族のコミュニケーションが空気のように存在します。
新しい空間ではなく、住み込んでこその空間の魅力を存分に感じていただきたいと常に考えています。


快マンション・コンサルタント ブログ

cro-8 interior design.

インテリアのデザインやコーディネートを考える場合、私が大切にすることは、そこに永く居る人の気持ちです。
自分の空間に気持ちよく居ることができることを考えること、「居心地のデザイン」が私の仕事です。

TEL:042-860-4130

PAGE TOP